もっちもち!【高匠】の湯種食パンを購入してみた♪

食べ物・飲み物のこと
スポンサーリンク

じつは以前から気になっていて。
先日「めざましテレビ」でも紹介されてたので、思い切って【高匠】の食パンを取り寄せてみました!

この頃は、別の場所で作られた食パンを狭い店舗で売る形態の食パン専門店が多いですが、この【高匠】では他にも、ジャムやバター、ラスクといった関連商品も通販していて、お試しセット等の比較的リーズナブルな価格でも購入できるのが魅力的なところ。

今回のわたしは、11月24日まで送料無料となっていた[湯種食パンのおためし2斤✕2本セット]を注文してみました。

スポンサーリンク

到着!まずは開封~♪

このお店では基本的に、水曜日と金曜日の週2回出荷されるそうです。

我が家はいつも土・日の朝にパンを食べる習慣なので、水曜日に出荷してもらえるように注文しました。なので、木曜日である今朝の10時頃に到着。

梱包はめっちゃシンプルでした。

ごく普通の茶色のダンボールに、食パン2本と小さなパンフレットが一枚。
たったこれだけ!余計な包装は一切なし!

最近はあれも買え、これも買えと言わんばかりの、情報過多な小冊子等を入れてくる通販が多くて辟易するんですが、このシンプルさは個人的に好感度高いですね!

ちなみに大きさは、縦幅が22センチくらい、横・高さが12~13センチくらいで、ご近所の食パン専門店に比べると若干大きめで、市販の食パンと同等くらい。
焼き上がりから一日以上経過してるので、触った感触はしっかりしてます。
ふんわりというよりは、しっとりとした感じですね~。


一本はすぐに冷凍保存へ。

二人暮らしの我が家では勿論すぐには食べ切れないので。
注文前からすでに、ひとつはすぐに冷凍保存しておくつもりでした。

一斤を半分ずつ、6枚切りと8枚切りにカットして。

一枚ずつラップに包んで、フリーザーバックに入れて冷凍保存!

こうしておけば1週間~10日くらいは持ちますし、食べる時に低温で焼けば、ふんわりした食感を取り戻すことも出来るみたいなんですよね。
もちろん普通にカリッと焼いても美味しいですけども。(´∀`*)ウフフッ

食パンを使ったチーズフォンデュ。

先月の北海道旅行で富良野に寄った際に、湯煎で温めるタイプのチーズフォンデュを購入してたので、食パンを使って試してみることにしました。

まずは一斤の両端7~8センチくらいをカットして。
焼き目がついてる方を底にして、1センチくらいの高さに切れ目を入れる。

次に切り口の、端っこ1センチくらい内側を真四角にカット。
白い部分をごそっとくり抜く。

くり抜いた白い部分は、1センチほど薄くスライスして底に敷き詰め。
残りは一口大にカットしておく。

オーブントースターの低温で10分くらい焼く。

湯煎で袋ごとチーズを温める。
その間に野菜やらウィンナーやらの具材に火を通して下ごしらえ。

 

チーズを器に注いで、具材を盛り付けて出来上がり~。

 

で、食べてみた感想ですが。

結構もっちり、しっとりという感じの食感でした。
今回はチーズフォンデュの器にしたんで余計に感じたんですが、パン自体にしっかりした味と弾力があるので、ダレることもなくちょうど良い感じでしたね。
主張しすぎもしないので、料理に合わせやすい食パンと言えるかもしれません。

 

まだ普通にトーストはしてないので、後日、いろんな食べ方をして検証・追記しようかな~と思います!(`・ω・´)ゞ

 

 

 


——————————————————-
テレビ・雑誌でも話題!
食パン専門店「高匠」湯種食パン
「湯種製法」で熟練の職人がひとつひとつ丁寧に仕上げた、こだわりの食パン♪
——————————————————-

[しゅげろぐ。]内で記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
食べ物・飲み物のこと
ルナフィナをフォローする
しゅげろぐ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました