パッチ6.3所感 ※ネタバレ注意

FINAL FANTASY XIV

昨日はパッチ6.3の実装日。
というわけで今回は、ひとまずメインストーリーを進めましたよ♪

今回のパッチタイトルが『天の祝祭、地の鳴動』ってことで、色々と華やかな展開なのかなぁ~~と思ったのですが。ストーリー自体は、暁が培ってきた絆を感じさせるというか、その姿を見せることでゼロの心を揺り動かすって感じのお話になってましたね。

 

いやしかし、どうでもいいけど……萌えが過ぎる

 

何千年と生きてきた竜で、太守様であるはずのヴァルシャンの言動が、なんというか少年っぽいし。

 

気のせいか、エスティニアンのトーンが以前より柔らかくなってない!?w

久しぶりに出てきたルベユール家の双子も、何だかより一層大人びたというか、分別のある若者って感じになってるし。以前みたいに突っかかったり出しゃばる感じじゃなくなったアリゼーが、今回いろいろと可愛すぎた(笑)。

 

ところで元暁メンバーたち。

冬用の装備でいたはずなのに、戦闘時だけ薄着で寒くないのかな。
うちの子はクエスト前にお着替えさせたから、防寒対策ばっちりなんですけどね。(*´艸`*)

 

さて次は新しいアライアンスでも攻略するかな~。

[しゅげろぐ。]内で記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 – 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
FINAL FANTASY XIV
ルナフィナをフォローする
しゅげろぐ。
タイトルとURLをコピーしました