禁断の地エウレカに行ってみた。

FINAL FANTASY XIV

「エウレカ」って聞くと思わず「セブン」と付けたくなる世代の人間です、
こんにちは。(o・ω・o)

昨日のアプデで新たに追加されたエリア
『禁断の地エウレカ』 に行ってみました。

そもそも「Eureka(エウレカ)」って言葉は、一説には、
古代ギリシア発明者であるアルキメデスが、入浴中とある法則を思いついた時に
「見つけた!」と叫んだことに由来するそうで、FF14では、古代アラグ帝国の
伝承に残る迷宮に由来する仮の名称ってことになってるらしい。

 

話を聞くためにひんがしに行ってみたら、ハンコックと共にクルルが居る。
さらに事前のSSなどを見ててっきり女の子だと思ってたパッツン姫髪の
エジカ・ツンジカなる青年まで現れて、あれ‥‥これはまさか???と
思ってたら、この島は実は・・・というお話の流れですた。

なぜその島がここにあるのか??
まぁこの先のパッチで明らかになっていくのでしょうな。( *゚д゚)*。_。))ウンウン

 

ちなみにコンテンツ解放時のこれをみて、ミラージュドレッサー活用勢は
(うえええええ??)って思いませんでした?私は思いました。

ドレッサーに入れちゃったよ・・・。(;・∀・)
まぁ遺失物管理人から再購入できるんですけどね。

 

んでもって突入してみた禁断の地エウレカ。
行った時の天候がたまたま嵐の時だったからめっちゃ暗いけどw
とりあえず現地にいるクルルの話を聞き、高飛車エジカ氏との協力を取り付け、
ゲロルトさんの話を聞き。促されるままマギアボードなる物を見に行く。

パッと見てなんかややこしく思えるんだけど、要するにあれだ。
属性それぞれにチョキに対してグーが強い的な有利・不利があって、
このエウレカの地ではその属性の優劣が強い効力を持つと。
使い方も至極簡単。
各ポイントにあるマギアメルダーで、貰った「魔晶石」を
好きな属性のとこへポチっと嵌めこむだけ。

あとは敵と遭遇した時にマギアボードを操作する。
例えば上の画像のように「風」の属性を付けた敵に遭遇したら、
時計回りか、反時計回りに回して「氷」のとこまで
魔晶石の「1」がついてる部分を回してって、確定させるだけ。

ちなみに操作したあとにカーソルをそのままにしてると
戦闘のボタン操作で間違って魔晶石を消費しちゃうので
戻し忘れに要注意。\_(・ω・`)ココ重要!

 

最初はソロで狩りをしようかと思ったけど、すぐに効率が悪いことに気づいて
シャウトで呼び掛けてPTに入れてもらい、皆で狩りまくり。
途中たまたまFATEにも遭遇して、装備強化用のアイテムと宝箱っぽいのと
たくさんの経験値をもらってウハウハしておりました。
こんな大勢でモンスターを倒すのってフィールドボス以外では
なかなかないから新鮮だなぁ~って思ったw

 

んで開始ポイントへ戻ってみたら、ゲロルトさんに
エウレカウェポンの製作開始だぜって言われた。

ははぁ・・・コンテンツ開始時に「70ジョブ専用装備を持ってってね」って
言われたのは、このためだったのね。
現状ほぼミラプリ用と化してる専用装備に陽の目が当たるわけだ。
なるほどそれは面白そうだ。
乱属性クリスタルとやらは幾ついるのかな??

 

ひゃ・・・100・・・( ゚д゚ )。

防具一ヵ所でも50。
武器+防具5か所全部強化しようと思ったら
一段階だけでも350個必要ってこと・・・か。

乱属性クリスタルはチェーンを繋いだ時に多く獲得できるっぽいので、
経験値効率的にもソロは無理ゲーですな。
なるべく5人以上のPTを組んで皆で頑張ってくださいってことかぁ。
まぁ、個人的に嫌いじゃないので、頑張ろうと思います。( ;∀;)

 

 

 

[しゅげろぐ。]内で記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 – 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
FINAL FANTASY XIV
ルナフィナをフォローする
しゅげろぐ。

コメント

  1. Lunafina Lauren より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    FFシリーズに詳しい方々の話をきくと、
    まさにそのFFⅢのリスペクト的なモノらしいっすなw

  2. がらもす より:

    SECRET: 0
    PASS: 0f297b9bb9ce1138f2d9f17beae77351
    懐かしいですねえ、エウレカ。
    すべてのぼう、ちょうろうのつえ、えんげつりん
    まさむね、エクスカリバー、そしてラグナロク・・・
    かれこれ30年近く前のFF3ですけどね・・・

タイトルとURLをコピーしました