何だかドマ式麻雀が楽しい♪って思えた日。

FINAL FANTASY XIV

昨日は朝から、何となく麻雀な日でした。

以前に喫茶に来られたお客さんで麻雀が好きな方がいて、その方のツイートを見かけてコメントしたのが切っ掛けだったのですが。

朝方にゴールドソーサーで少しお話をして。
夜、暇な時間が出来たので、そのお客さんとお友達もお誘いしての一局が始まりました。

 

 

こちらはビギナー二人、先方は三段だの四段だのというベテランさんw
当然コテンパンにやられるだけ!・・・と思うのですが。

ここが、ドマ式麻雀の良いところ。

コンピューターを介して行われる対戦は、捨て牌のヒントとか、あがりが近くなったらお知らせしてくれる機能とかのサポートがあって、麻雀の基本ルールだけ分かっていれば、ズブの素人でもそこそこの麻雀は打ててしまうんですよねw

 

 

つまりこういう。(*ノωノ)テレ

ベテランさん方が相手だろうと、配牌の運さえよければ勝てることもあるw

でも、昨夜はちょっと違うことを思ってました。

たとえば自分が負けている局面であっても、捨てられた牌と、自分の持ち牌を見比べて(あの牌がくれば揃うかも!)とか考えてるのは、戦闘などとはまた違った緊張感と楽しさがあって、画面を見ながらず~っとニヤニヤしてましたよ。

私は麻雀の戦略とかに関しては門外漢なので、負けてても、あんまり悔しさがないってのも大きいとは思いますけどね。単純に対戦が楽しいだけです。

 

その対局のあと、話を聞いて我もと名乗り出たFCメンバー達とも一局。

 

 

偶然の配牌から(お!)と思ってできた2つのカン。

一時は首の皮一枚まで点数を減らしたチオちゃんが、怒涛の攻めで盛り返し。

いつも吸われる(笑)ライくんも、今夜は気合いの跳満などで応戦。

 

私の感覚としては、わりと白熱した攻防の末・・・。

 

勝った。( *´∀)フッ

 

念の為に申し上げて置きますが。

わたくし、前の記事でも書いた通り、入門書を読んだだけの初心者ですからね?w

それでも運が良ければ勝てることもあるんですよ!

 

うちのFCは、そこそこ麻雀ができるメンバーがいるので、タイミングさえ良ければFC内で楽しめるのもありがたいとこですね~。

暇なときは、また遊ぼうねw(´∀`*)ウフフッ

 

 

[しゅげろぐ。]内で記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 – 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
FINAL FANTASY XIV
ルナフィナをフォローする
しゅげろぐ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました